老化とともに出てきたシミを消したい

老化性のシミ
歳を重ねる毎に身体の機能が衰えてしまうもの。

 

ですが老化と言えば、関節痛や体調の変化だけではなく、お肌にも表れるものですね。

 

その中でこれだけはどうにかしたい…と顔を覆ってしまいたくなる程に悩ましい存在と言えばシミですね。

 

いつ出始めたかも自覚できない、気がついたら顔中シミだらけでうんざりしてしまう中高年の女性ってかなり多いものですが、実はそのシミって消す事が出来るシミなんです。

 

そんな老人性のシミの対応方法を解説していきましょう。

 

老人性のシミが出来る原因とは? いくつから出始めるもの?

いつから?

老人性のシミ、老人性色素斑の原因は今まで浴びてきた紫外線の報復が表に出た姿です。

 

なので、多くは30代後半〜40代・50代の方々が悩むものとされていますが、紫外線を浴びる事が多い外仕事やアウトドアスポーツが趣味で頻繁に外に出る方ですと20代若年齢層から表に出始めるものです。

 

老人性のシミは基本的には紫外線の影響とは言いますが、実は発生条件は様々あり喫煙を日常的にする方ですと、活性酸素が体内にたまりやすくビタミンCが壊れる事からシミを発生させやすくする他、ストレスの蓄積によって一気に表に出てしまうなんて事もあります。

 

また「室内に居るのだから紫外線対策はまずしない」なんて方も、窓から差し込む紫外線の反射による蓄積によって発生してしまうなんて事も。

 

そう考えると、シミの中では最も身近なシミの要因ではないのか? なんて、考える事が出来ますね。

 

また老人性色素斑の形状は、円形のものやいびつな形状などにも違いがあり、大きさに関しても個人差があるものです。基本的には1cm未満のものが多い傾向がありますが、顔や背、腕など全身に渡って出てくるものです。

 

諦めるのは未だ早い老人性シミは消せる!

まだ間に合う

ある年齢層から突然大量に表に出てきてしまった老人性のシミ。

 

これって消せるのかな? なんて不安に感じる方も多いものですが、美容皮膚科や美容形成外科で除去施術を行う事が出来るシミなので、そこまで神経質に悩まなくても大丈夫です。
ただし範囲や大きさによって施術料も異なるものなのでこの点だけは理解しておきましょう。また、施術手段は…

 

  1. ケミカルピーリング
  2. レーザー治療
  3. 塗り薬
  4. シミの内服薬

 

この4つが主となります。

 

ケミカルピーリング

パイナップル
美容に詳しい方ですとAHAという言葉でお馴染みのケミカルピーリング。

 

美容皮膚科や美容形成外科だけではなく、今現在ではエステティックサロンでも用いられていますね。

 

これは、パパイヤやパイナップルなどのフルーツから抽出されたフルーツ酸や植物から抽出されたサリチル酸を用いたケア方法です。

 

これらの酸によってシミの上に覆い被さった古い角質を除去し新陳代謝を促す事によってシミの色素排出を促す施術方法となります。
 
基本的にはコレ1回の施術ではキレイさっぱりと無くなる事はありませんが、定期的に継続して行う事によってシミを穏やかに薄くさせる効果があります。

 

基本的にはレーザーを使うまでもない未だ薄い段階のシミ除去に行う事が多いという事もケミカルピーリング施術の特徴とされています。

 

レーザー治療

 

レーザー除去施術と聞くと痛そうなんてイメージを持ってしまうものですよね。

 

レーザー脱毛経験者ならばご存知かも知れませんが、基本的にレーザーと言えば黒いものに反応するものなので「痛みを伴う」というイメージを持つものです。

 

ですが、ここ最近シミ取りのレーザー施術も発達して「痛くない」を強く打ち出す医療施設も増えた事は事実です。

 

また以前は高周派機器でシミを焼くと言う施術もありましたが、基本的に今現在は老人性のシミはレーザー除去施術をする場所が多い傾向があります。

 

塗り薬

塗り薬
美容皮膚科・美容整形外科で施術を行う場合、シミを薄くする為の塗り薬を処方してもらえます。

 

ハイドロキノンやフラーレンを配合したクリーム或いはゲル状の薬ですが、ややはり医療用というだけあって高濃度配合となっています。

 

つまりは効果が出しやすいという事も容易く考える事も出来ますが、沢山塗れば早く治るというワケではありません。

 

用法を間違えるとただれや皮膚炎の原因になる恐れがあるので、処方してもらった際はお医者さんの説明をしっかり聞くように注意しましょう。

 

シミの内服薬

 

塗り薬を処方されるくらいですから、内服薬を処方される事も勿論あります。

 

確かに、シミケアと言えば身体の中からの改善も大切ですよね。

 

状態を見て塗り薬だけ・飲み薬だけという場合もあります。ですが色濃いシミの場合でしたら、双方の処方となる事が多いです。

 

勿論、美白化粧品や第三医薬品でも効果を現します!

 

ここまで読むと、老人性のシミは病院に行かない限り改善する事は出来ない?! なんて思ってしまうかも知れませんが、勿論シミ用の美白化粧品や第三医薬品でもある程度効果を出す事は可能です。

 

完全にキレイさっぱりと消す事が出来るとは100%断言する事は出来ませんが、これらは家庭用であって安全に・穏やかに効果をもたらすものなので長い目を見てケアを行って行けば少なからず効果を表してくれます。

 

ただしやはりシミには個人差もある問題なので、どのくらい継続すればキレイになるか? 薄くなるか? という点はハッキリと断言する事が出来ません。

 

やはり長い期間潜伏を続けたものだからこそ、それだけ自力では改善に時間がかかってしまう事は知っておくべきですね。

 

まとめ 紫外線が最大の悪因だからこそ悪化させない為に気をつける

納得

シミ自体のそもそもの原因は紫外線にあります。

 

老化シミははじめに解説した通り、紫外線を浴びた報復によって引き起きるものなので、潜伏したシミを表に出す事を遅らせる為には日々のケアと紫外線対策を行う事が何よりも重要だと言えますね。

 

またこれ以上濃くしない為にも、メラニン色素を刺激させない事が大前提となります。

 

その為には紫外線を徹底的に防御する他、刺激を与えない事や摩擦に充分注意する事をしっかりと覚えておきましょう。