ニキビが改善されたと思ったらシミになるとショックですよね

ニキビ跡のシミ
ニキビ跡がシミ化してしまった。コレに悩む方って意外にも多く、主に20代後半から30代にかけての方達が意外にも多い事が事実です。

 

しかし、どうしてニキビの跡がシミ化してしまうのでしょう?

 

実はこれには深い因果関係があるのです。その事について詳しく知っていきましょう。

 

ニキビとシミの因果関係

ニキビ跡のシミの原因

ニキビが出来やすい時期と言えば、10代思春期。

 

そして20代を越えた大人になると社会進出をする事で少なからずストレスを抱える他、一人暮らしで不摂生な生活をしたり等ありとあらゆる悪因が絡んでニキビが出てしまう事があるものです。

 

そして知らない間に潰れてニキビ跡になり、その部位がシミ化してしまうなんて事も。

 

ですが、ニキビ跡は色素沈着。対してシミはメラニン色素のトラブル。

 

全く接点が無いように感じてしまものですが、どうしてシミになってしまうのか? 不思議に感じるものですよね。

 

実はこの因果、実はかなり密接したもので「ニキビ状態・ニキビ跡状態は敏感状態」という事がシミに直接的に繋がるのです。

 

ニキビがシミになる理由

 

ニキビ・ニキビ跡がシミ化してしまう理由を簡単に述べると…

 

  • 敏感状態の箇所(ニキビ跡)が紫外線のダメージを受け、メラニン細胞が活性化して黒化する
  • 紫外線だけではなく摩擦などによって刺激を受けてメラニン色素が活性化して黒化する

 

この2つが大きな原因となります。

 

ニキビが出来た状態にしてもニキビ跡になった状態にしても、肌はとても敏感な状態に偏っていますからね。

 

こういった敏感状態の肌は紫外線だけではなく、摩擦などの刺激によってもメラニン色素の排出が促され、色素沈着が段々と濃くなってシミ化してしまうという事もあるのです。

 

ニキビシミ。どうして20代後半〜30代で悩む人が多い?

 

しかし、どうして20代後半から30代といった年齢層の方がこの悩みを抱えるのでしょうか? この理由は非常に簡単な事です。

 

主に大人ニキビに悩んだ方がこれほどの時期でシミ化してしまう傾向が非常に強いからです。

 

シミと言えば、1カ月2カ月で表に出てくるものではないですよね。極希に、短期間で表に出る方も確かに居るものですが基本的には年単位で潜伏し、やがて穏やかに表に出る傾向の方が強いからです。

 

確かに思春期ニキビがシミ化する事もありますが、思春期と言えば、細胞分裂も活発な若年齢層です。

 

この時のニキビ・ニキビ跡は大人ニキビと比較して治りも早い上、色素排出も早いものなので、よほど長期間荒れた状態でも無い限りシミ化する事は少ないです。

 

もしこの時のニキビがシミ化したのであれば、20代前半期ほどに出てくる事が多いものです。

 

ですが大人ニキビの状態、20代以上ともなれば新陳代謝も低下する頃合いです。そこに紫外線や摩擦などの刺激が加わりシミ化してしまうのです。

 

だからこそ、この年齢層の方達が悩むのだと説く事が出来ますね。

 

ニキビ跡シミを消す手段

ニキビ跡のシミのを消す

素直に残酷な事を言ってしまいますが、完全なシミとして表に出てしまったものを何事も無かったかのようにキレイさっぱりとニキビ跡シミを消す事って自力では非常に困難なものです。

 

これはニキビシミだけではなく、単純に紫外線ダメージの蓄積によって発生したシミに対しても言える事ですが「薄くする事が出来たとしても、キレイさっぱり消し去る事は難しい」事をまず頭に入れておきましょう。

 

キレイさっぱりと消すのであれば、美容皮膚科やエステサロンで除去施術を受けなくてはいけません。

 

ですが、未だ表に出始めたのは最近・ほんのり褐色がかっていて薄い状態であれば、消す事に成功する勝算もあります。なので見つけたら即改善に努める事が大事だと言えますね。

 

そこで大事なケア方法は

  1. 化粧品での基礎ケア
  2. 肌を守るケア
  3. 内側からのケア

この3つがとても重要な鍵となります。

 

化粧品でのケア

シミケアにおいて切っても切り離す事が出来ないケアと言えば、化粧品でのケア。

 

主にシミの色素を薄くする美白ケアが手法の主流となります。

 

しかし、ここで大切な事は惜しみなくその化粧品が使えるかどうか? という点はかなり大きいです。

 

高品質・良質な成分をふんだんに含んだ化粧品が使える事は最もですが、やはりこういったものはやや高価ですからね。

 

当然ケチって使えば、効果を充分に発揮出来ません。朝晩のケアで惜しみなく使う事が出来る化粧品をしっかり選ぶ事。これも大切だと言えますね。

 

肌を守るケア

紫外線対策
前に述べた化粧品ケアで潤す事・シミを脱色する事は勿論ですが、やはり守るケアは重要だと言えます。「何から守るのか?」と言えば、紫外線ですね。

 

先ほども述べた通りの基礎中の基礎知識ですが、シミは紫外線ダメージ蓄積して更に黒化が促進されるものです。

 

だからこそ、シミリスクをこれ以上高めない為に、これ以上黒化をさせない為に通年を通して紫外線ケアを行うべきだと説く事が出来ます。

 

どんな美白成分が有効?

 

美白成分は様々なものがありますが、誰でも聞いた事があるだろう有効成分と言えば、L-システインやアルブチン、ハイドロキノン、プラセンタなどが挙げられますね。

 

しかし何がどうしてシミに効くか? ニキビ跡のシミにはどれが効くか? 分からないですよね。結論から言ってしまえば、どれも有効です。

 

ですが、ニキビ跡が原因となると、この中で最も注目すべき成分はプラセンタとハイドロキノンです。

 

プラセンタは胎盤を意味する物質ですが、こちらは肌の細胞賦活を促すので「最近ニキビが潰れてしまった今後シミになる事が心配」という方にも向いています。

 

また、ハイドロキノンにおいては、こちらも肌の新陳代謝活性を促す効果があるので、残存した色素をより早く排出する事が出来るので未だ薄い段階の場合かなり有効な成分だと言えますね。

 

内側からのケア・日常生活の見直し

 

こちらも健常な肌を作る為の基礎中の基礎ですが、やはり内側からのケアも必須となります。

 

具体的に何を行うと良いのか? と言えば、サプリメントなどの摂取などもコレに含まれますが、栄養バランスの管理やしっかりとした睡眠時間の確保などが必須の条件となります。

 

やはり、どんなにシミに効く化粧品を使ったとしても、この土台がしっかりとしてなければ、シミがこれ以上濃くなる事が無いとしても薄くなる事はありませんからね。

 

だからこそ、この部分もきちんと徹底する事を心がけましょう。

 

ビタミンCがシミに効くとは言うけど、他にも有効な栄養素はある?

柑橘系
ビタミンCはシミそのものを薄くする効果が認められている事から、シミに効くという事は誰もが存じている事。

 

ですが、その他にシミに効く栄養素って何かあるだろう? と、疑問に感じてしまうものですよね。

 

直接的ではありませんが”シミを消す為の肌作りをする為に有効”とされているものが、ビタミンB2とビタミンEです。

 

ビタミンB2は、ニキビに悩まされていた方こそ存じているでしょうが、皮膚再生と密接な関わりを持つ栄養素です。

 

シミも排出出来ないメラニン色素が残存しているので皮膚再生はとても重要だからこそ摂取しておいた方が良いと言えますね。

 

また、ビタミンEは血液促進を促す事から、抗酸化作用も高くアンチエイジングには必要不可欠な栄養素ですが、血液循環を良くする事は新陳代謝活性に繋がりますからね。

 

残存色素を排出する為にもこの2つの栄養素とビタミンCは積極的に摂取すべきだと言えます。

 

まとめ。日焼けを防いでニキビ状態からケア徹底してシミリスクを防ぐ

 

確かに摩擦による刺激はニキビ跡のシミ化も理由しているものです。ですが正直な見解、紫外線がニキビが治って跡にあった状態の新しい皮膚に刺激され黒化してしまう事が70%以上の原因となります。

 

なので、ニキビ段階からシミにしない為・これ以上シミを濃くしない為にもしっかりと対策を行う事が賢明だと言えますね。

 

また、完全に黒々と濃いシミになってしまってからでは、治す事は非常に困難といえます。

 

もはや潰した事がない・ニキビ跡が無いとしても、過去にニキビが出来た事がある方自体それだけ肌を傷つけた事には変わらず、シミが出来やすい傾向があるものなので、見えない段階でも徹底したシミ対策を行っておく事が大事だと言えます。